キュービクル高圧受電設備の施工、リユース(中古売買)のことなら山田電機にお任せください。

リユースキュービクル山田電気

フリーダイヤル

0120-4711-50

年中無休

リユースキュービクルとは

再生品に新たな息吹を与えるリユース=再生品という名の新品

新品のキュービクルの販売価格は、お安いものでも1台あたり数百万円~仕様によっては非常な高額なモノも珍しくはありません。 しかしキュービクルやトランスを初めとする受変電施設が新たに必要なのは、工場やお店内の機械の入れ替えや、新店舗・工場立ち上げに伴った、新たな高圧電気の制御の必要性にかられてのことが大半のはず。こう言った設備投資には通常、多額の資金が必要で、「1円でも安価に済ませたい」のが経営者や施設管理者の本音だと思います。

キュービクルの耐用年数は、使い方にもよりますが通常20~30年、中には40年近くというものも存在します。新しい年式で負荷が少ないものは、十分にリユース=再生が可能なのです。 山田電機では厳選して仕入れたキュービクルのパーツを、徹底的に検査・選別。お客さまの要望に合わせて、新たに組上げます。 そこにあるのは、「リユース=再生品と言う名の新品」。 再生品に新たな息吹を与えることで、お客さまの望む性能の製品をリーズナブルな価格でご提供してまいります。

山田電機のリユース(再生)・キュービクルで導入コストも削減

電力会社との高圧受電契約には、キュービクルが必須です。
ではキュービクルを導入するには一体どれぐらいの費用が必要なのでしょうか?

キュービクルの価格

キュービクルは前述のとおり「箱+トランス(変圧器)を初めとする内蔵機器」の総称なので、箱の大きさや装置の点数・内蔵部品の種類や密度によって価格に幅が生じます。 それゆえ一概には言えませんが、新品の価格は平均100万円位~500万円以上のものがあります。

キュービクルの導入費用

導入費用は、キュービクルの仕様や搬入場所や搬入方法などによっても異なるため、一概には言えません。

キュービクル本体
新品 中古品 規模 容量 台数
施工の立地
増設 新設 減設 移設
工事の種類
過電流や地絡(電線路の電流が何かしらの理由で地面と接する現象)が起こった時に、機器の保護や過電流の制御・抑制などを行う。
納期
キュービクル設置工事の着工~竣工時までに許される納期
その他
キュービクル設置関する特殊要件など

このように、新品を導入すると数百万円以上も掛かるキュービクルの導入費ですが、山田電機のリユース(再生)・キュービクルを導入いただければ、設置・施工まで一括受注することにより、数十~数百万円規模での経費削減をお約束できます。(受注ケースによります、詳細はお見積り時に)

山田電機のリユース・キュービクルを導入した例

※電気代は使用状況や環境によって削減できる費用は増減します。

リユースキュービクルの納品までの流れ

Process1仕様の確認

お客さまよりお問い合わせ後、弊社の技術スタッフが直ちにお電話もしくはご訪問にて対応。ご要望のキュービクルの使用目的や仕様・諸元を確認させていただきます。

Process2ご要望の視覚化

お客さまからいただいたキュービクルの要望を基に、「単線結線図」「外形図」「基礎寸法図」「部品表」などを作成いたします。このようにご要望いただいた内容を視覚化することで、お客さまとの認識のズレを無くし仕様通りの製品をご提供することに努めます。

Process3内蔵機械部品の
解体作業

ご要望状況にあったサイズと同等の在庫キュービクルを、内蔵された機械部品のみ解体して行きます。このとき外箱や部品にキズや破損が生じないよう、細心の注意を払って進めます。また同時に外箱自体の点検も行い、場合によっては内部塗装を行うこともあります。

Process4内蔵部品の
メンテナンス

部品の外観が美しくとも、絶縁不良を生じている機器も中にはあります。 山田電機では組上げの際、高圧・低圧に関わらず、全ての機器に対して絶縁検査を行い、使用しても差し支えないと判断したものだけを厳選して組上げを行います。 その中でも特に「高圧の開閉器類」に関しては、比較的年式の新しいものだけを使用することにしています。 またトランス(変圧器)のメンテナンスも高圧・低圧機器と並行して行います。 このように「外観」「内蔵部品」の検査を行った後、「清掃」や「塗装」を経て試験を行います。

Process5部品の組み上げ作業

次にメンテナンスや試験が終了した、「高圧・低圧機器」「トランス(変圧器)」を組上げていきます。むやみな組上げは、後の低圧ブレーカーetc.の増設の際に、影響を与えかねません。また工事関係者さまが、配線作業を出来るだけ容易に行えるように、配慮も必要です。 組上作業は、センスとバランスが非常に要求される作業と言えます。

Process6配線作業

キュービクルの内蔵機器の組上げが終わると、各電流値に基づいて、許容電流に余裕を持たせたケーブルサイズを選定。各部の配線作業へと移行します。 この時、許容電流に余裕を持たさずにケーブルサイズを決めると、後でケーブルの焼損事故などが起こる可能性があります。 そこで山田電機では、ケーブルサイズの選定には特に留意してあたることにしています。

Process7各部の増し締め

キュービクルの内蔵機器の組上げ及び配線作業が完了したら、各部の増し締め確認を行います。この時重要なのは、これまで実作業を行っていない作業員が確認を行うと言うこと。 確認はキュービクルの内部に入り行います。 配線サイズの再確認や誤配線の有無などをチェックしながら、増し締め確認を進めます。 万一締め忘れによる「緩み」があった場合、その箇所から高熱が発生し重大な事故に繋がる可能性もあります。 山田電機では、出庫前に万全の確認体制を取りお客さまに「安全安心」なキュービクルをお届けできるように、心がけております。

Process8キュービクルの外観の
清掃と塗装

7項までのようにキュービクル内部の組上げ作業が終了したら、最後に外観の清掃を行います。その際、外箱の塗装が必要であれば行うこともあります。

Process9キュービクルの
運転試験

キュービクルの制作組上げ作業が終了後、弊社規定の出荷前運転試験を行います。 キュービクルは各お客さまによるオーダーメイドで制作されていますので、試験内容や項目もそれぞれ一台一台異なります。

Process10納品

弊社の独自規定による「審査」「試験」に適合したキュービクルのみを山田電機の「リユース・キュービクル(再生キュービクル)」として、お客さまに納めさせていただいております。 このように、山田電機では「リユース=再生」は「ユーズド=中古」とは異なるものとして捉え、自信を持って自社製品をお客さまにご提供させていただいております。 また、キュービクルは設置して稼働させなければ意味がありません。販売のみで、設置は別の業者に任せる同業他社が多いなか、弊社では、販売~設置までを一貫して行い、お客さまの「手間」「時間」「支払」を軽減いたします