キュービクル高圧受電設備の施工、リユース(中古売買)のことなら山田電機にお任せください。

リユースキュービクル山田電気

フリーダイヤル

0120-4711-50

年中無休

導入実績

高圧電気設備の工事は技術者にお任せ!電気工事士の仕事とは?

2018.08.17 Fri


業務用などで使う機械のために、高圧電気工事が必要になることはどの業種でもあります。

そんな時どこに頼めばいいのか悩むことがあると思います。

実際、高圧電気工事は非常に危険を伴うため、有資格者あるいは工事士に任せるのが安全安心です。ここでは高圧電気工事とはどのようなものなのか?工事の内容と合わせて説明します。

高圧電気工事にはどんな種類がある?

一般家庭の電気工事とは異なり、非常に大きな高圧の電流が流れている鉄道に関連する電気工事などが、高圧電気工事の1つとなります。

さらに、大規模な建設物に関連する屋内・外の電気設備の設計・施工及びそれらに付帯する作業も高圧電気工事になります。

これらの工事は国家資格を有している電気工事士が行わなくてはならない作業となります。

また、電気工事士には第1種電気工事士と第2種電気工事士という2つの資格が存在し、一般住宅や小規模なお店などの比較的小規模な工事であれば、第2種電気工事士が担当することが可能です。

しかし比較的大規模な施設での危険を伴う電気工事の場合は第1種電気工事士のみが担当することが可能となっています。

したがって、高圧電気工事に関しては第一種電気工事士の資格者のみが作業できることになります。

危険を伴う電気工事の内容とは?

電圧がかかる電気関係の設備の工事は全て危険を伴う電気工事と定義されます。

電気に関する設備(送電線、発電所、変電所など)から、電線を引き込んだり、配線したりする工事や、地下に埋設する工事など、専門の知識がなければ、とても危険になることは想像がつきます。

電柱のトランスの設置や、点検・修理などに関しても高圧電気工事になります。

また、大規模な商業施設や、病院、ビルなどに設置する高圧受電設備(キュービクル)の設置についても高圧電気工事となり、資格が必要になります。

一般家庭の電気工事でも知識や経験のない人が触ると、感電や火災など大きなトラブルに発展してしまう可能性が高いことから、電気工事全般については、きちんと実務経験と試験によって資格を取った人でなければ携われません。

プロに任せて安心安全に電気を使おう

高圧電気工事及び様々な各種電気工事については、経験と適切な知識を持った電気工事士又は非常に深い専門知識を持った技術者の介入が欠かせません。

特に、キュービクルについては、所有者が点検や安全管理を行わなければいけませんが、資格を持った人でないとできないため、社内で専任の人を配置するか、外部に委託する必要があります。

設置した後も月次と年次点検が法律でも定められているため、安全に電気を使えるよう日々のメンテナンスと保守点検を実施しましょう。費用の面でも外部のプロに任せるのが安心です。

まとめ

このように高圧電気設備及びキュービクルまたはトランスに関する作業などの高圧電気設備の工事、また電気に関連する高圧電気工事などについては、第1種電気工事士または第2種電気工事士、あるいは専門の知識を有する技術者のみが従事できるということがわかりました。

これらの規定については、法律で定められている部分もあり、みだりに無資格の人が工事をしてはいけない、ということも合わせてご理解いただけたのではないでしょうか。